篠笛を篠笛らしく吹く

 

 篠笛は、皆で同じ旋律を合奏したり、ハーモニーを作るよりも、一人で自由に演奏できることがもっとも魅力的な楽器、篠笛を篠笛らしく吹くとは、一人で自由に演奏することです。

篠笛にご興味を持たれた方々は決まって「なかなか音が出ないんでしょ?」と仰いますが、正しくもあり間違いでもあります。

篠笛は皆様が思っているよりは大きな音で、かつかなり高音です。多くの方々の日常は、そういった「大きな高音」を聞き慣れていないので鳴らせないのです。まずは「大きな高音」を鳴らしてゆけば、少しずつ小さな音も鳴らせるようにと思っています。

 

合奏がしたいという目標の方でも、まず最初は一人で演奏する心づもりが無いと、なかなか音が出ないと思います。「こういう音が鳴らしたい」「こういう音楽が演奏したい」というイメージができれば必ず音は出ますし、合奏も出来るようになります。

そして、イメージが「より鮮やか」になれば、技術は自然と身につきます。長時間の練習は必要ありません。初心者でも、独学より早く、確実に、上達します。

 篠笛にご興味がある方に、上達を望まれる方に解決策をご提案出来る教室です。

教室案内」にスケジュールを掲載しています。体験教室へのお越しをお待ちしています。
ご質問はご遠慮なくお問い合わせ下さい。

 講師 福原友裕

教室案内

お問い合わせ・体験教室のお申し込みはこちら